源義経

渡辺保 著

テレビに演劇に小説に、日本中の人々から愛される義経。しかし一体どこまでが本当なのだろうか。本書は物語・伝説の類を一切省き、確実な史料だけによってその一生をたどり、素材としての正史を綴る。-はじめて描き出された真実の姿。波乱に満ちた悲喜の生涯と、源平・公武の葛藤とは、興味津々として胸に迫る。

「BOOKデータベース」より

参考文献: 253-254p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 1 黄瀬川宿の対面まで
  • 2 義仲追討まで
  • 3 一ノ谷合戦
  • 4 京都の義経
  • 5 屋島から壇ノ浦へ
  • 6 凱旋の後
  • 7 西国落ち、難船、流離
  • 8 叡山から奥羽へ
  • 9 秀衡の死と義経の最期

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 一 黄瀬川宿の対面まで / p1
  • 二 義仲追討まで / p15
  • 三 一ノ谷合戦 / p53
  • 四 京都の義経 / p73
  • 五 屋島から壇ノ浦へ / p98
  • 六 凱旋の後 / p126
  • 七 西国落ち、難船、流離 / p159
  • 八 叡山から奥羽へ / p186
  • 九 秀衡の死と義経の最期 / p212
  • あとがき / p230
  • 源氏略系図 / p244
  • 略年譜 / p246
  • 参考文献 / p253
  • 口絵
  • 源義経自筆書状 / 巻頭
  • 伝源義経着用の鎧 / 巻頭
  • 挿図
  • 『吾妻鏡』治承四年十月二十一日条 / p2
  • 黄瀬川宿の位置図 / p11
  • 『玉葉』寿永二年閠十月十七日条 / p40
  • 一ノ谷の戦い関係要図 / p56
  • 伝源義経自筆書状 / p75
  • 屋島の戦い関係要図 / p99
  • 壇ノ浦の戦い関係要図 / p109
  • 金峰山寺(蔵王堂)仁王門 / p173
  • 伝源義経着用籠手・桜螺鈿鞍 / p174
  • 長滝白山社 / p206
  • 藤原秀衡のミイラ / p213
  • 藤原泰衡のミイラ頭骨 / p217
  • 平泉古図 / p226

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 源義経
著作者等 日本歴史学会
渡辺 保
書名ヨミ ミナモト ヨシツネ
書名別名 Minamoto yoshitsune
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1966
版表示 〔新装版〕
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4642050426
NCID BN01891885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66004019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想