はかってなんぼ  学校編

日本分析化学会近畿支部 編

本書は、小・中・高の教育で出会う様々の"はかりかた"をとりあげて、はかることによっていかに理科の面白さに出会えるのか、その原点、魅力に迫ります。近ごろよく目にするいろいろな分析数値が、「どのような原理や方法に基づいて"はかられて"いるのか」、「なんでそうなるのか」という視点にたって、14名の著者が心をこめて解説します。内容は、平成14年度から実施される新学習指導要領に準拠しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 みる・はかる・かんがえる(読みと意味
  • "みる"と読む漢字 ほか)
  • 第2章 小・中・高の教科書にみられる"はかりかた"(分けるための五感
  • 小学校・中学校の理科における五感 ほか)
  • 第3章 "はかりかた"の科学(もえる
  • えれきてる ほか)
  • 第4章 "はかりかた"の実際(酸素と二酸化炭素
  • 窒素 ほか)
  • 第5章 安全に正しくはかるために(はかり始める前に
  • 正しくはかるための実験操作 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はかってなんぼ
著作者等 日本分析化学会
日本分析化学会近畿支部
書名ヨミ ハカッテ ナンボ
書名別名 Hakatte nanbo
巻冊次 学校編
出版元 丸善
刊行年月 2002.3
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 4621049968
NCID BA56292141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想