近代移行期の人口と歴史

速水融 編著

本書は、人口と家族を、社会を構成する基層として設定し、近代以前のユーラシア社会において人口と家族がどのように社会の構造を規定し、またその変動が社会の変動とどのように関連していたのかを探る。人口篇では、「人口史」から「歴史人口学」への展開を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歴史人口学-課題・方法・史料
  • 第1章 徳川時代におけるクライシス期の死亡構造
  • 第2章 十八世紀初頭の奥会津地方における嬰児殺し-嬰児の父親が著した日記を史料として
  • 第3章 宗門改帳と懐妊書上帳-十九世紀北関東農村の乳児死亡
  • 第4章 明治期の乳胎児死亡-北多摩農村の一事例
  • 第5章 近世刈谷町における人口移動規制
  • 第6章 毎月指出控帳の分析-和泉国塔原村の出生と死亡
  • 第7章 近世後期漁村における人口増加と出生力の分析-肥前国彼杵郡野母村の事例
  • 第8章 徳川幕府における「出生力」とその近接要因-「間引き」説の批判と近世から近代の農村母性をめぐる考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代移行期の人口と歴史
著作者等 三浦 忍
友部 謙一
川口 洋
斎藤 修
木下 太志
松浦 昭
津谷 典子
速水 融
鬼頭 宏
書名ヨミ キンダイ イコウキ ノ ジンコウ ト レキシ
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 62
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2002.4
ページ数 228, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4623035670
NCID BA56520712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20272430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想