病理検査のすべて

大西俊造, 梶原博毅, 神山隆一 編

本書は日常的な作業技術から最新の必要知識を応用した手技を簡潔に、しかも図表を付するなどしながら分かりやすく説明し、組織診、細胞診、電子顕微鏡、顕微測光、フローサイトメトリー、さらに最近めざましい発展をとげつつある分子病理学の分野や、数世紀にわたり基本的には不変の病理解剖に関する手法や資料の整理・保存までを、また、今後留意するべきバイオハザード、テレパソロジーや精度管理について章立てて網羅しており、まさしく病理学検査すべてにわたるマニュアルとして病理学者、検査技術者の座右の書にふさわしい一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 組織診
  • 2 細胞診
  • 3 電子顕微鏡
  • 4 顕微測光・フローサイトメトリー
  • 5 分子病理学
  • 6 病理解剖およびその資料の整理保管
  • 7 バイオハザード
  • 8 テレパソロジー
  • 9 精度管理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病理検査のすべて
著作者等 大西 俊造
梶原 博毅
神山 隆一
書名ヨミ ビョウリ ケンサ ノ スベテ : スタンダード ビョウリガク
書名別名 スタンダード病理学
出版元 文光堂
刊行年月 2002.3
ページ数 210p
大きさ 27cm
ISBN 4830604433
NCID BA56757507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想