物理学汎論 : 物理の考え方

近角聰信 著

本書は、物理全体を体系的に理解しようとすることがねらいである。まず、多くの物理現象や法則を整理し、物理学全体での位置づけを明確に示していく。そのうえで、伝達機構、熱‐機械結合系、熱‐電気結合系、磁気系の相反性、逆相反と時間反転をキーワードに、身近な物理現象を取り上げながら、物理学の本質を描き出していく。自由な発想から物理を考えるための指針となるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物理学汎論とは
  • 伝達機構
  • 熱‐機械結合系
  • 熱‐電気結合系
  • 磁気系の相反性
  • 逆相反と時間反転

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学汎論 : 物理の考え方
著作者等 近角 聡信
書名ヨミ ブツリガク ハンロン : ブツリ ノ カンガエカタ
シリーズ名 初等物理シリーズ / 近角聰信 監修 10
出版元 培風館
刊行年月 2002.4
ページ数 103p
大きさ 19cm
ISBN 4563023604
NCID BA56583075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20274718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想