情報学の基礎 : 諸科学を再統合する学としての哲学

米山優 著

深化、細分化された結果、疲弊混迷する現代学問。自ら成し遂げた進歩の重圧に半ば打ちひしがれ、情報の過剰に対処できず、引き裂かれたままの人間。この「知性のからくり」「歴史の必然」から抜け出る途はなにか?学際的でも体系的でもない本当の思考、暗黙知、人間的創造、芸術による身体の取り返し、デカルトからベルクソン、カッシーラ、ライプニッツ、アランなどの業績を踏まえながら"人間を解明し、立て直す"情報学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報学という学問
  • 第2章 個別諸科学に即した科学の問い直し
  • 第3章 人間による創造と情報学
  • 第4章 情報学のモデル構築とその具体的展開のためのヒント
  • 第5章 テクストの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報学の基礎 : 諸科学を再統合する学としての哲学
著作者等 米山 優
書名ヨミ ジョウホウガク ノ キソ : ショカガク オ サイトウゴウスル ガク ト シテノ テツガク
書名別名 Johogaku no kiso
出版元 大村書店
刊行年月 2002.4
ページ数 448, 13p
大きさ 21cm
ISBN 4756320287
NCID BA56422382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20274449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想