柳田民俗学のフィロソフィー

鳥越皓之 著

人びとの「生活の立場」に立つ柳田民俗学。現代にも有効な思想として生かすため、環境論、近代化論などの視点から、その固有の方法論を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 民俗学的発想-村を美しくする計画などない。良い村が自然と美しくなる
  • 1章 近代化論-日本の社会変動論の一つのお手本
  • 2章 比較論-明治の国際人、柳田の抱負
  • 3章 環境論-野の草にも鳥にもそれぞれの生活と生きる目的がある
  • 4章 常民論-柳田は庶民という言葉を使いたくなかった
  • 5章 心意論-自分と対象とを心を一にして
  • 6章 実践論-身近で切実な疑問に答える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田民俗学のフィロソフィー
著作者等 鳥越 皓之
書名ヨミ ヤナギタ ミンゾクガク ノ フィロソフィー
書名別名 Yanagita minzokugaku no firosofi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2002.3
ページ数 240, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4130533029
NCID BA56303780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20265845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想