近世の三大改革

藤田覚 著

江戸幕府の崩壊はいつ頃から始まったのか。幕藩体制自体がはらむ矛盾、度重なる天変地異、激変する経済情勢、海を越えてやってきた脅威、力をつけた庶民。これらに対応して、幕藩体制を守るために行なわれた改革のうちの代表的なものが三大改革といわれる。しかし、三大改革という理解は正しいのだろうか。「内憂」と「外患」の視点から、三大改革を見なおすことによって、江戸幕府の崩れゆく様子を眺めてみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 善政悪政交替史観と三大改革
  • 2 享保の改革
  • 3 寛政の改革
  • 4 天保の改革
  • 5 悪政の政治構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の三大改革
著作者等 藤田 覚
書名ヨミ キンセイ ノ サンダイ カイカク
書名別名 Kinsei no sandai kaikaku
シリーズ名 日本史リブレット 48
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.3
ページ数 101p
大きさ 21cm
ISBN 4634544806
NCID BA56257821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20265551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想