近代の神々と建築 : 靖国神社からソルトレイク・シティまで

五十嵐太郎 著

21世紀は「ヴァンダリズム(破壊)」からはじまった。いわば「アメリカ教」の大聖堂、世界貿易センタービル破壊で、今世紀最初の戦争の火蓋が切って落とされた。建築・都市は、宗教性や政治性をどのように映し出しているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 二〇〇一年のヴァンダリズム
  • 第1部 日本の近代宗教と建築(神社はなぜ木造なのか
  • モニュメントとしての近代神社
  • 海外神社の植民地主義と地域主義
  • 中心と分裂-天理教と大本教の聖地
  • 楽園の国ハワイの日本宗教)
  • 第2部 海外の近代宗教と建築(神の国-アメリカ
  • 装飾と意味-カオダイ教の大寺院
  • 教会が死の箱舟になるとき)
  • エピローグ 二一世紀最初の建築、ユダヤ博物館

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代の神々と建築 : 靖国神社からソルトレイク・シティまで
著作者等 五十嵐 太郎
書名ヨミ キンダイ ノ カミガミ ト ケンチク : ヤスクニ ジンジャ カラ ソルトレイク シティ マデ
書名別名 Kindai no kamigami to kenchiku
シリーズ名 廣済堂ライブラリー 13
出版元 廣済堂
刊行年月 2002.3
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 4331850129
NCID BA56267290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想