鳥の生活と巣箱

山階芳麿 著 ; 関合正明 絵

[目次]

  • もくろく
  • I 日本の鳥は減っている / 1
  • 日本にはむかしたくさん鳥がいた / 2
  • 日本の鳥は減ってしまった / 5
  • II 鳥は人間の味方である / 7
  • 1 害虫を駆除する鳥 / 7
  • 鳥はくいしんぼうである / 7
  • 鳥は何を食べているか / 9
  • たいていの鳥は虫を食べる / 10
  • 小鳥はどれほど虫を食べるか / 11
  • ツバメはどうして大切な鳥か / 14
  • カモメがバッタの大群をたいじした話 / 16
  • 松の木のかれるのをふせぐには / 18
  • 2 害獸を駆除する鳥 / 23
  • ネズミやウサギをたいじする鳥 / 24
  • III 鳥はどうして減ったか? / 27
  • スズメやツバメはあまりへらない / 27
  • 鳥のすみかがせまくなった / 29
  • 林野がなくなると鳥は減る / 30
  • 鳥をとるかわりにそだてる / 31
  • なぜ鳥をとってはいけないか / 33
  • カスミアミやクウキジュウをやめよう / 35
  • IV 鳥の生活-春・夏・秋・冬 / 38
  • 1 春の鳥の生活 / 38
  • 春は小鳥の一番樂しい時だ / 38
  • 春はやくからなく鳥 / 40
  • 春のすえになく鳥 / 43
  • 2 夏の鳥の生活 / 48
  • 夏は鳥のいちばんいそがしい時だ / 48
  • 平野の鳥のいろいろ / 49
  • 水辺の鳥 / 53
  • 山の草原にいる鳥 / 58
  • 谷川のほとりにいる鳥 / 61
  • 山のおねにいる鳥 / 65
  • キツツキのいろいろ / 67
  • あがるい林にすむ鳥 / 69
  • ひなが巢立つまで / 72
  • 3 秋の鳥の生活 / 76
  • 夏鳥は南の國へ / 76
  • 冬鳥がやってくる / 77
  • 旅鳥がたちよる / 78
  • 渡り鳥はもとの巢にかえる / 79
  • 4 冬の鳥の生活 / 81
  • むれになって冬をすごす / 81
  • 冬の鳥は何を食べているか / 82
  • V どうして鳥をふやすか? / 85
  • 鳥をたくさんとらぬようにする / 85
  • 1 巢箱とは何か? / 87
  • 巢箱のおかげで林の木がたすかった / 90
  • 2 巢箱の作り方 / 91
  • 板の巢箱のいろいろ / 91
  • まるたをくりぬいた巢箱 / 94
  • 竹づつで作った巢箱 / 97
  • コンクリートの巢箱 / 97
  • オシドリやフクロウの巢箱 / 98
  • 巢箱はなるべく自然の形がいい / 99
  • 3 巢箱のかけ方と手いれ / 100
  • 巢箱はどんな場所へかけたらいいか / 100
  • 巢箱はどのようにとりつけるか / 101
  • 巢箱に小鳥がはいったら / 103
  • 巢箱に小鳥がはいらなかったら / 104
  • 4 食物をやり,水をのませる / 105
  • 鳥の水のみ場をつくってやる / 105
  • 巢の付近に実のなる木をうえる / 106
  • 野の鳥にえさをやる / 107
  • さくいん / 110

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鳥の生活と巣箱
著作者等 山階 芳麿
関合 正明
書名ヨミ トリ ノ セイカツ ト スバコ
シリーズ名 教室文庫
出版元 国民図書刊行会
刊行年月 昭和23
ページ数 113p 図版
大きさ 19cm
NCID BN15456294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45018903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想