釧路市の先住民族遺跡

吉田仁麿 編

[目次]

  • 內容
  • 遺跡保存の意義 / 1
  • 1 先住民族とは
  • 2 文化と遺跡の關係
  • 3 遺跡の種類
  • 4 保存の意義
  • 市の遺跡解說 / 9
  • 1 幣舞の古戰場
  • 2 東釧路貝塚
  • 3 城山町のチヤシ
  • 4 春採湖畔のチヤシ
  • 5 チヤランケチヤシと竪穴群
  • 6 石器製作所跡
  • 7 知人岬の聖地
  • 8 第五小學校わき斷崖面(天寧の自然貝層)
  • 遺物(土器と石器)の硏究 / 25
  • 土器
  • A 土器の形態
  • B 土器の紋樣
  • C 土器の用途
  • 石器
  • A 石器の原始性
  • B 石器の工藝的價値(城山町斷崖面下出土石器の種類)(市の各所遺跡出土石器の種類)
  • 釧路の語源に就て / 33
  • 釧路市及び近郊のアイヌ地名
  • エカシ(古老)の物語 / 41
  • 私の先祖
  • クシロとは
  • 阿寒のアイヌ
  • 桂戀の英雄
  • 神さまのこと
  • アイヌの幣壇とこよみ / 44

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 釧路市の先住民族遺跡
著作者等 吉田 仁麿
書名ヨミ クシロシ ノ センジュウ ミンゾク イセキ
出版元 釧路考古学研究会
刊行年月 昭和8
版表示 改訂版
ページ数 48p
大きさ 16cm
NCID BA43618698
BA43632597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46083599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想