日本戦時経済論

小島精一 著

[目次]

  • 日本戰時經濟論
  • 目次
  • 第一篇 戰時計畫經濟の諸問題 / 3
  • 第一章 日本戰時經濟の現狀及將來 / 4
  • はしがき / 4
  • 第一節 物動計畫以前 / 4
  • 第二節 不完全な物動計畫時代 / 10
  • 第三節 戰時計畫經濟の新段階 / 13
  • 第二章 新物價綱領の諸問題 / 32
  • 第一節 新物價綱領の性格 / 32
  • 第二節 板垣陸相と軍需品の單價引下げ策 / 37
  • 第三節 中庸生產費主義を活かす途 / 44
  • 第三章 新物動計畫と日本資本主義の適應性 / 52
  • はしがき / 52
  • 第一節 新物價計畫の性格 / 52
  • 第二節 新物動計畫の實現性 / 59
  • 第三節 日本經濟の戰時耐久力 / 64
  • 第四章 戰時產業合理化 / 71
  • 第一節 全體主義的合理化の途 / 71
  • 第二節 日本に於けるその實績 / 81
  • 第五章 戰時產業機構の全面的改組 / 90
  • 第一節 戰時計畫經濟の本質 / 90
  • 第二節 產業團體の改革 / 93
  • 第三節 三浦銕太郞氏の機構改革案を評す / 105
  • 第四節 鐵鋼業機構改革私案 / 113
  • 第五節 原料の資本的獨占か國策的配給か / 118
  • 第六章 世界大戰時に於けるドイツ產業の動員機構 / 122
  • 第一節 戰時產業動員機構 / 122
  • 第二節 戰時及戰後のドイツ炭業機構 / 142
  • 第二篇 東亞經濟ブロックの諸問題 / 159
  • 第一章 東亞ブロック經濟の基本問題 / 160
  • 第一節 超民族的東亞協同體論を排す / 160
  • 第二節 日滿支產業のブロック的調整 / 171
  • 第二章 滿洲國五ケ年計畫と北邊振興工作 / 181
  • 第一節 五ケ年計畫の實績 / 181
  • 第二節 滿洲國境建設の新段階 / 199
  • 第三章 支那經濟建設の現在と將來 / 209
  • 第三篇 全體主義・經濟政策綱領 / 231
  • 第一章 國防產業の擴充工作 / 232
  • 第二章 對支事變と長期建設計畫 / 238
  • 第三章 營利主義戰時經濟の行き詰り / 241
  • 第四章 全體主義的革新の急務 / 244
  • 第五章 民間經濟人の國策的總動員 / 246
  • 第六章 經濟界の一元的組織化と指導者原理 / 249
  • 第七章 企業經營の全體主義的合理化 / 252
  • 第八章 作業轉換と專門化工作 / 255
  • 第九章 新國民勞働法の制定 / 258
  • 第十章 金融機關の一元的總動員 / 262
  • 第十一章 保有金の總動員 / 265
  • 第十二章 輸出增進工作 / 268
  • 第十三章 物資動員と物價統制 / 271
  • 第十四章 大陸資源の開發工作 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本戦時経済論
著作者等 小島 精一
書名ヨミ ニホン センジ ケイザイ ロン
出版元 春秋社
刊行年月 昭14
ページ数 277p
大きさ 23cm
NCID BN10394338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想