映画の領分 : 映像と音響のポイエーシス

加藤幹郎 著

感動とは、新しい意味の生産である!最新映画学の現在形。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 映画学とは何か
  • 第1部 映画のポイエーシス(ジャンピング・スプラッシュ-プールと映画の文化史
  • 風のような女たち-女優頌)
  • 第2部 美しい日本映画の方へ(映画はミディアム・クールである-五所平之助論の余白に
  • 視線の集中砲火-溝口健二論の余白に ほか)
  • 第3部 映画のディアスポラ(ユダヤ、映画、イスラエル-アモス・ギタイ論の余白に
  • 映画、歴史、不可知論-アンドレイ・タルコフスキー論の余白に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画の領分 : 映像と音響のポイエーシス
著作者等 加藤 幹郎
書名ヨミ エイガ ノ リョウブン : エイゾウ ト オンキョウ ノ ポイエーシス
書名別名 Eiga no ryobun
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2002.4
ページ数 301p
大きさ 21cm
ISBN 4845902311
NCID BA56489510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20352622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想