描かれた身体

小池寿子 著

楽園追放、聖人伝説、磔刑図、愛の魔術、転落の寓意、乳房の図像学、創造の手、癒しの手、魂と顔、葬儀用肖像…身体表現の細部に秘められた聖性の感覚を綴れ織る、目もあやなる魅惑の美術史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 足(かの足を求めて
  • 楽園追放(ジョヴァンニ・ディ・パオロ
  • ランブール兄弟) ほか)
  • 第2章 背中(マグダラのマリアの背
  • 解剖学の天使 ほか)
  • 第3章 乳房(乳房を飾る絵
  • 豊饒の乳房 ほか)
  • 第4章 手(インドの使徒たち
  • 言葉を発する手 ほか)
  • 第5章 頭部(忘れえぬ顔
  • 「ペトルス・クリストゥス、我を作れり」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 描かれた身体
著作者等 小池 寿子
書名ヨミ エガカレタ カラダ
書名別名 Egakareta karada
出版元 青土社
刊行年月 2002.4
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4791759540
NCID BA56316319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20351297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想