眼と精神

M.メルロ=ポンティ 著 ; 滝浦静雄, 木田元 訳

[目次]

  • 目次
  • 人間の科学と現象学 / p3
  • 序論 / p7
  • 〔第一部〕フッサールによれば<人間の科学>にはどんな問題があるか / p13
  • 第一章 心理学の問題とフッサールの課題 / p13
  • 第二章 フッサールにおける<形相的心理学>の理念 / p28
  • 第一節 『イデーン』時代までの<形相的心理学>の課題 / p28
  • 第二節 サルトルの初期の論文による例解 / p34
  • 第三節 心理学を〔現象学に〕従属させることの難かしさ-心理学と現象学との交錯した関係- / p42
  • 第三章 フッサールは<人間の科学>をどう考えたか / p66
  • 第一節 言語学 / p66
  • 第二節 歷史学 / p77
  • 結論 -フッサールからその後継者たちへ- / p90
  • 幼児の対人関係 / p97
  • 序論 / p101
  • 第一章 心理的硬さ / p106
  • 第二章 感情性と言語 / p120
  • 〔第一部〕幼児における他人知覚の問題 / p128
  • 第一章 理論的問題 / p128
  • 第二章 身体図式の整備と他人知覚の萌芽-誕生から六ヵ月まで- / p140
  • 第一節 誕生から六ヵ月までにおける<自己の身体> / p142
  • 第二節 誕生から六ヵ月までにおける<他人> / p144
  • 第三章 六ヵ月以後-自己の身体の意識と鏡像 / p147
  • 第一節 自他の癒合系(六ヵ月以後) / p147
  • 第二節 三歳の危機 / p186
  • 哲学をたたえて / p193
  • 序言 / p197
  • 一 下降的論証法 / p199
  • 二 上昇的論証法 / p204
  • 三 ペルグソンの直観 / p215
  • 四 ペルグソニズムと表現の問題 / p221
  • 五 哲学と世界 / p222
  • 六 ソクラテスの死 / p225
  • 七 哲学と無神論 / p232
  • 八 歷史 / p237
  • 九 歷史と言語 / p243
  • 一〇 哲学の擁護 / p246
  • 眼と精神 / p251
  • 訳注 / p303
  • 訳者あとがき / p343
  • 参考文献 / p19
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 眼と精神
著作者等 Merleau-Ponty, Maurice
木田 元
滝浦 静雄
M.メルロ=ポンティ
書名ヨミ メ ト セイシン
書名別名 Me to seishin
出版元 みすず書房
刊行年月 1966
ページ数 360, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4622019329
NCID BN00134421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66009442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想