日本の政治地理学

高木彰彦 編

1970年代、80年代に低迷した日本の政治地理学研究は、94年の日本地理学会「政治地理学研究グループ」の発足後、その活性化の機運が高まり、99年開催のシンポジウム「ポリティカル・ジオグラフィーとその可能性」は盛況を博した。本書はその成果を収める。国際化時代に活況を呈している欧米の政治地理学の状況に比して日本のそれは遅れているが、これからの日本の政治地理学の展開に期待する多様化の動きが読み取れる。多くの現代的課題に対応する地理学研究テーマについて、日本の地理学界において政治地理学こそがそれを解決する分野として期待を集めている。そうした可能性を秘めた政治地理学の現状と課題を展望した本書は、21世紀の地理学を担う政治地理学研究のスタートとなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政治地理学の理論と発展(日本政治地理学の軌跡
  • 政治地理学の研究動向と今後の課題
  • 変革期地方行政の研究動向と地理学的視点-イギリスの事例を中心として
  • 国際政治地理と初・中等地理教育)
  • 第2部 国内の政治地理学(通学区域の政治的意味-福井県の公立小中学校を事例として
  • 沖縄出身者集住地区の「スラム」クリアランス
  • 中等教育における政治地理的事象の考察
  • 旅行の語りと時代の空気-雑誌『旅』(1964-1997)から)
  • 第3部 国際関係および国際問題の政治地理学(ポスト冷戦期における政治地理学の視点-新ナショナリズムの台頭と帰属空間の固定化
  • 東南アジアにおける国境線画定の政治地理-領域、国境線、フロンティア
  • 民主化後チリの地域開発-貧困の克服と内部フロンティアの開発)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の政治地理学
著作者等 八田 二三一
千葉 立也
山崎 孝史
斎藤 毅
新井 祥穂
横山 昭市
水内 俊雄
浦部 浩之
滝波 章弘
飯嶋 曜子
高木 彰彦
橘 弥代治
日本地理学会政治地理学研究作業グループ
書名ヨミ ニホン ノ セイジ チリガク
書名別名 Nihon no seiji chirigaku
出版元 古今書院
刊行年月 2002.11
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4772260102
NCID BA59880667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20349153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想