益田鈍翁をめぐる9人の数寄者たち

松田延夫 著

明治・大正・昭和初期頃は、国宝・重文級の重宝類がまだ市場に散在し、数寄者・蒐集家たちはこぞって目利きぶりを競い合った。本書は、古美術の大蒐集家で茶人の益田鈍翁(三井物産創設者)を中心とする9人の数寄者に焦点を当て、その交流から生まれる日本文化の再発見・再認識にもつながる悲喜こもごもの展開を貴重な資料、興味深いエピソードを交えて物語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 箒庵・高橋義雄
  • 第2章 世外・井上馨
  • 第3章 赤星弥之助
  • 第4章 柴庵・朝吹英二
  • 第5章 紅艶・益田英作
  • 第6章 化生・馬越恭平
  • 第7章 非黙・益田克徳
  • 第8章 况翁・石黒忠悳
  • 第9章 三渓・原富太郎
  • 第10章 鈍翁・益田孝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 益田鈍翁をめぐる9人の数寄者たち
著作者等 松田 延夫
書名ヨミ マスダ ドンノウ オ メグル 9ニン ノ スキモノタチ
出版元 里文
刊行年月 2002.11
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 4898061850
NCID BA60389349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20349092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想