幕末兵制改革史

大糸年夫 著

[目次]

  • 目次
  • 序論 / 3
  • 第一章 中世後期に於ける火器の進出とその影響 / 6
  • 第一節 銃砲の起源とその發達 / 6
  • 第二節 銃砲の傳來とその普及 / 12
  • 第三節 武裝組織・用兵術・築城の變化 / 22
  • 第二章 德川幕府の成立とその軍事槪觀 / 31
  • 第一節 幕府・諸侯・家臣團の狀態 / 31
  • 第二節 兵器・用兵衞(軍學)・對外防備 / 41
  • I 兵器 / 41
  • II 用兵術(及び軍學) / 43
  • III 鎻國日本の對外防備 / 47
  • 第三章 幕末に於ける西力東漸と兵制改革の氣運 / 54
  • 第一節 ロシアの南下と國防論の擡頭 / 54
  • 第二節 英國の東漸と高島秋帆の建策 / 59
  • 第三節 『東洋の道德西洋の藝』-西歐兵學の移入 / 70
  • 第四節 ペリー艦隊來航の影響 / 77
  • 第五節 幕末期に於ける尊攘運動の意義 / 87
  • 第四章 幕府及び雄藩に於ける近代的兵器工業の移入 / 92
  • 第一節 幕末に於ける軍事工業移入の概觀 / 92
  • 第二節 幕府の軍事工業 / 102
  • I 湯島鐵砲製作所、關口大砲製作場 / 102
  • II 石川島造船所 / 104
  • III 長崎製鐵所 / 108
  • IIII 橫須賀製鐵所 / 118
  • 第三節 鹿兒島藩の軍事工業 / 127
  • I 鑄製方 / 127
  • II 集成館 / 129
  • III 造船事業 / 136
  • 第五章 幕府海陸軍の建設 / 139
  • 第一節 幕府海軍の建設 / 139
  • I 長崎傳習所 / 139
  • II 咸臨丸の太平洋橫斷 / 149
  • III 幕府海軍の軍制改革 / 162
  • IIII 慶應時代の幕府海軍 / 165
  • 第二節 幕府陸軍の建設 / 167
  • I 講武所の創設 / 167
  • II 佛國軍事敎官の招聘 / 169
  • 第六章 農兵制採用より近代的國軍へ / 183
  • 第一節 農兵採用問題及び草莽諸隊 / 183
  • 第二節 長藩の兵制改革と大村の奇兵隊戰術 / 198
  • 第三節 封建制の批判と統一國軍の必要 / 202
  • 第七章 明治維新に於ける兵式の統一と御親兵の設置 / 210
  • 附錄 參考文献目錄 / 229
  • 幕末軍事史年表 / 235

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 幕末兵制改革史
著作者等 大糸 年夫
書名ヨミ バクマツ ヘイセイ カイカクシ
シリーズ名 日本歴史文庫
出版元 白揚社
刊行年月 昭14
ページ数 274p
大きさ 18cm
全国書誌番号
46069608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想