誰にも判る「カント」の理論と実際

千秋邦夫 著

[目次]

  • 誰にも判る「カント」の理論と實際
  • 目次
  • 序言 / 1
  • (a) 本書を讀まるゝに際し / 1
  • (b) 本書に用ふる符號 / 2
  • 第一節 「カント」の定義 / 3
  • 第二節 「カント」測點間距離に就て / 3
  • 第三節 總ての通過列車速度が同一なる場合の「カント」 / 5
  • 第四節 列車速度の測定に就て / 7
  • (a) 列車種類の分類 / 7
  • (b) 列車速度の測定地點 / 8
  • (c) 各列車種類の代表速度の算出 / 8
  • 第五節 曲線軌道に作用する壓力に就て / 9
  • 第六節 軌道に作用する破壊力を最小ならしむる「カント」 / 10
  • 第七節 計算例 / 12
  • 第八節 顚覆に對する車輛の安定に就て / 15
  • (a) 遠心力のみ作用すると假定したる場合 / 15
  • (b) 實際に運行中の車輛の顚覆に對する安定度 / 16
  • 第九節 「カント」の附け方 / 18
  • 第十節 質疑應答 / 20
  • 附表

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 誰にも判る「カント」の理論と実際
著作者等 千秋 邦夫
書名ヨミ ダレニモ ワカル カント ノ リロン ト ジッサイ
出版元 鉄道技術社
刊行年月 昭14
ページ数 22p
大きさ 26cm
全国書誌番号
46063559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想