札幌の地名がわかる本 : 10区の地名を徹底解説!

関秀志編

この本の情報

書名 札幌の地名がわかる本 : 10区の地名を徹底解説!
著作者等 中村 英重
佐々木 利和
和田 哲
大庭 幸生
宮坂 省吾
榎本 洋介
永野 正宏
谷本 晃久
関 秀志
高木 崇世芝
佐藤 真名
小黒 七葉
山内 正明
岡田 祐一
池田 茜
濱本 武司
谷中 章浩
中根 有理
書名ヨミ サッポロ ノ チメイ ガ ワカル ホン : 10ク ノ チメイ オ テッテイ カイセツ!
出版元 亜璃西社
刊行年月 2022.10
版表示 増補改訂版
ページ数 505p, 図版 [8] p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-906740-53-6
NCID BC17023392
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中央区 : 政治的、経済的な都市機能の中枢を担う 榎本 洋介
先住民族アイヌの暮らしと地名 佐々木利和, 永野正宏, 谷本晃久
北区 : 10区最大の人口を誇る 中根有理
南区 : 開拓の歴史を秘める広大な区 佐藤真名
厚別区 : 多数の住宅団地を擁する札幌の副都心 榎本 洋介
地名「札幌」の歴史 関 秀志
川・湖沼・滝の成り立ちとその流路、名称の由来 宮坂省吾
戦前の琴似町字名改正における「宮の森」「盤渓」の由来を再検証 和田哲
扇状地を囲む山々と峠 : 名称の由来と形成史 宮坂省吾
手稲区 : 西区から分区した山麓の住宅地 小黒七葉
新興住宅地・団地の成立に伴う新地名の誕生 中村英重
昭和戦前期に施行された字名改正事業と地名の変化 関 秀志
札幌の幼稚園、小・中学校の名称に見る特色と地域性 岡田祐一
札幌の近代産業史を飾り今も生まれる産業の地名 大庭幸生, 山内正明
札幌市の発展に伴う行政地名の成立と変遷 榎本 洋介
東区 : 平坦な大地に拓かれた、札幌開墾の礎 山内正明
江戸期〜明治初期の記録や地図に現れる札幌とその周辺の地名 高木崇世芝
清田区 : 自然環境に恵まれ、近年は宅地化が進む 濱本武司
白石区 : 仙台藩白石城主の家臣移住に始まる 谷中章浩
神社と公園の名称に見る地域の歴史と地名のかかわり 岡田祐一
移民と家臣団で形成された屯田兵村と開拓村落の地名 中村英重
西区 : 北海道初の屯田兵が開拓を牽引 池田茜
豊平区 : 豊平・月寒・平岸の各村から発展 榎本 洋介
道路、公共交通の駅・停留場、橋梁 : その歴史と名称の変遷 濱本武司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想