東亜古文化研究

原田淑人 著

[目次]

  • 目次
  • 唐代女子化粧考 / 1
  • 新疆發掘壁畫に見えたる燈樹の風俗に就いて / 13
  • 正倉院御物に見ゆる唐朝風俗の一斑 / 21
  • 天平時代に於ける宮廷の服飾 / 39
  • 唐代の文獻より觀たる正倉院御物 / 61
  • 正倉院御物を通して觀たる東西文化の交渉 / 81
  • 法隆寺所藏獅子狩文錦に見ゆる立樹に就いて / 107
  • 漢代の舞樂と雜伎 / 115
  • 千秋節宴樂考 / 123
  • 外國の巴紋 / 133
  • 漢代の騎射狩獵圖紋に就いて / 139
  • 海獸葡萄鏡に就いて / 149
  • 唐鏡背文に見えたる西方の意匠 / 167
  • 唐鏡背面の寶飾に就いて / 175
  • 玻璃鏡の起原 / 185
  • 古鏡の圖紋に就て / 193
  • 支那古代鐵刀劍考 / 213
  • 漢代の銅刀劍に就いて / 229
  • 秦の金人の形體に就いて / 239
  • 銅鼓の製作年代に就いての一考察 / 255
  • 西方亞細亞の古釉陶に就いて / 269
  • 漢代の釉陶俑 / 279
  • 支那南北朝の陶器に就いて / 287
  • 直隷省易縣舊在の陶羅漢に就いて / 299
  • 唐代女子騎馬土偶に就いて / 307
  • 瑞獸白澤及び角端に就いて / 317
  • 山東省臨淄出土の瓦製戰車 / 331
  • 新羅統一時代の瓦甎文に就いて / 341
  • 樂浪の畫像塼 / 349
  • 鴟尾に就いて / 357
  • 渤海の佛像 / 365
  • 漢畫象石に見ゆる怪物の意義に就いて / 375
  • 宋玉の招魂賦と漢の畫象石 / 379
  • 昭陵の六駿石像に就いて / 385
  • 夜光の璧に就いて / 399
  • 古代玻璃器 / 413
  • 日本古墳出土の板グラス片に就いて / 421
  • 漢代の繒絹 / 427
  • 漢代絹の一名「鮮支」に就いて / 435
  • 支那古代簡札の編綴法に就いて / 445
  • 漢代の木棺に就いて / 457
  • 支那杯の器形と用途とに就いて / 469
  • 漢代の人物畫 / 477
  • 樂浪出土漆器の銘文中に見ゆる消工に就いて / 485
  • 再び樂浪出土漆器銘文中の消字に就いて竝に牢の字に就いて / 491
  • 西都原古墳調査 附 百塚原古墳出土品 / 497
  • 考古學上より見たる東西古文化の關係 / 505
  • 日本考古學と支那六朝時代の遺物 / 533

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東亜古文化研究
著作者等 原田 淑人
書名ヨミ トウア コブンカ ケンキュウ
出版元 座右宝刊行会
刊行年月 昭15
ページ数 542p
大きさ 23cm
全国書誌番号
46065706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想