旧暦と暮らす : スローライフの知恵ごよみ

松村賢治 著

中国から日本に伝えられて1400年。旧暦は、繊細な季節の変化と寄り添いながら、徐々に姿形を調え、日本仕様のカレンダーとして定着した。明治6年に西洋暦が採用されてからも、旧暦は、農業、漁業、伝統芸の世界では、必要不可欠な自然暦として継承されている。自然とともに生きる知恵にみち、72もの季節をこまやかに味わい暮らすことができる旧暦は、まさにエコカレンダー。NGO活動を通して自然回帰運動を展開する著者が、16年前に復活させた太陰太陽暦をもとに、日本から発信するスローライフの時間軸-おだやかなアジアの時間の流れに身を委ねた、究極のエコロジカルな暮らしかたを提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 月と太陽から送られるメッセージ
  • 2章 季節をみつめる
  • 3章 自然のリズムから得た暮らしのヒント
  • 4章 旧暦と暮らす人々
  • 5章 なぜ旧暦が使われなくなってしまったのか
  • 6章 アジアのなかの地域暦として
  • 7章 今、私たちは季節のどこにいるのか
  • 付録 二〇〇三〜二〇一三年自分でつくる旧暦カレンダー
  • あとがきにかえて-見直し!ほんとうの豊かさを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧暦と暮らす : スローライフの知恵ごよみ
著作者等 松村 賢治
書名ヨミ キュウレキ ト クラス : スロー ライフ ノ チエゴヨミ
書名別名 Kyureki to kurasu
出版元 ビジネス社
刊行年月 2002.11
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4828410139
NCID BA59680227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20347578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想