生きること・働くこと・学ぶこと : 「教育」の再検討

田中萬年 著

「教育」に囚われている日本人が「教育」をどのように誤解しているか、について本書では紹介する。その誤解の内容を知ることができれば、「教育」による呪縛を解き放ち、あるいは「教育熱」にうかされている人を解熱できるはずである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「生きること・働くこと・学ぶこと」と「教育」
  • 明治の親達はなぜ学校を焼き討ちしたか?
  • 「教育」は中国語か?
  • 「教育」は"Education"か?
  • 「教育を受ける権利」は世界の共通認識か?
  • 「教育」は個性を尊重できるか?
  • 教育の機会は均等か?
  • 「勤労を重んじる」ことは教育目的になるか?
  • 教育で「生きること」を保障できるか?
  • 「知育偏重」観をなぜ克服できないか?
  • 「教育」類似用語はどのように生成されたか?
  • 「教育」では教育は改革できない!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きること・働くこと・学ぶこと : 「教育」の再検討
著作者等 田中 万年
書名ヨミ イキル コト ハタラク コト マナブ コト : キョウイク ノ サイケントウ
書名別名 Ikiru koto hataraku koto manabu koto
出版元 燭台舎 : 技術と人間
刊行年月 2002.4
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4764501376
NCID BA56405827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20383389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想