芥川龍之介妖怪文学館

芥川龍之介 著

大川の畔に河童を想い、銀座の雑踏に妖精を幻視し、ビアスやブラックウッド、M・R・ジェイムズを愛読した怪奇の文豪・芥川龍之介。東西の幻術僧が激突する王朝伝奇ロマンの知られざる逸品「邪宗門」、オカルト・ホラーの先駆として映画化もされた「妖婆」をはじめとする伝奇と怪異の名品多数のほか、若き日の怪談蒐集ノート「椒図志異」や、大正の文芸百物語ともいうべき「怪談会」など、初復刻、初文庫化の貴重な資料を満載。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芥川龍之介妖怪文学館
著作者等 東 雅夫
芥川 竜之介
書名ヨミ アクタガワ リュウノスケ ヨウカイ ブンガクカン
書名別名 Akutagawa ryunosuke yokai bungakukan
シリーズ名 伝奇ノ匣 / 東雅夫 編 3
学研M文庫 3
出版元 学習研究社
刊行年月 2002.7
ページ数 782p
大きさ 15cm
ISBN 4059001716
NCID BA59437976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20366128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想