神秘学大全 : 魔術師が未来の扉を開く

ルイ・ポーウェル, ジャック・ベルジェ 著 ; 伊東守男 編訳

実証不可能なもの、人智を越えた現象を、非科学的・反合理の名のもとに排斥してきた近代合理主義。本書は魔術・錬金術から秘密結社・ナチス誕生にいたるまで神秘と奇跡の系譜を集大成し、欧米で一大センセーションを巻き起こした『魔術師の朝』の訳書である。20世紀最大の魔術師グルジェフの弟子であるフランス反合理主義のジャーナリストと原子物理学者二人の著者が、西欧異端思想の現代的意味を問う現代最大の怪書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 錬金術と古代文明(魔術師が扉をたたく
  • 錬金術入門
  • 古代文明をたどる)
  • 第2部 ハーケン・クロイツの不思議(オカルティストとしてのヒトラー
  • 宇宙永久氷説
  • 悪魔的文明の敗退
  • ナチズムとオカルティズム)
  • 第3部 新人類誕生の予感(「象徴」との交感
  • 「目覚めの状態」のアンソロジー
  • ミュータント夢想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神秘学大全 : 魔術師が未来の扉を開く
著作者等 Bergier, Jacques
Pauwels, Louis
伊東 守男
ベルジェ ジャック
ポーウェル ルイ
書名ヨミ シンピガク タイゼン : マジュツシ ガ ミライ ノ トビラ オ ヒラク
書名別名 Le matin des magiciens

Shinpigaku taizen
シリーズ名 学研M文庫
出版元 学習研究社
刊行年月 2002.5
ページ数 421p
大きさ 15cm
ISBN 4059001481
全国書誌番号
20347486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想