清虚の事

吉川幸次郎 著

[目次]

  • I
  • 東方の詩のために / 3
  • 孔子も神の子であるという説 / 8
  • 詩に達詁無し / 18
  • 中庸断片 / 20
  • 古詩の読者 / 26
  • 杜甫の詩論と詩-京都大学文学部最終講義- / 30
  • 宋詩二つ / 79
  • 漢宮秋雑劇の文学性 / 90
  • 京都における老舎氏 / 146
  • 演奏の芸術-中国美術について- / 149
  • 新訂「中国古典選」解説 / 180
  • 寛容の文学 / 189
  • 断絶の文体 / 193
  • II
  • 世界文学に親しむために / 227
  • 素人の意見-第三の道への期待- / 229
  • 二つの世界観 / 230
  • 二つの不満 / 235
  • III
  • 思夢と愕夢-日本文学のために- / 243
  • 新しい判断 / 257
  • 雑感-「懐風藻」その他- / 259
  • 小松茂美博士「平安朝伝来の白氏文集と三蹟の研究」 / 266
  • 一つの提議 / 268
  • 漱石漢詩解説 / 273
  • 長尾雨山氏「中国書画話」解説 / 275
  • 青木正児先生 / 293
  • 小島祐馬博士追憶 / 296
  • 河上肇博士の詩歌 / 302
  • 神田鬯盦前輩に寄する書-「日本塡詞史話上」の書評に代えて- / 307
  • 福原麟太郎氏「野方閑居の記」書評 / 317
  • 三好達治全集のために / 320
  • 英紹唐氏「日本小説訳選」序 / 322
  • IV
  • 青春の蓄積 / 327
  • 早起き鳥 その一 / 331
  • 私事 / 337
  • 三人行 / 341
  • Siena mi fe',disfecemi Maremma / 348
  • 善隣 / 357
  • 秀才 / 362
  • 党争 / 368
  • うったえ / 373
  • 礼と文 / 379
  • 岡崎一日 / 383
  • 秋光-ある写真に- / 388
  • 早起き鳥 その二 / 389
  • 清虚の事 / 393
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 清虚の事
著作者等 吉川 幸次郎
書名ヨミ セイキョ ノ ジ
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1967
ページ数 397p
大きさ 20cm
NCID BN08020561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67011394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想