生そのものの政治学 : 二十一世紀の生物医学,権力,主体性

ニコラス・ローズ [著] ; 檜垣立哉監訳 ; 小倉拓也, 佐古仁志, 山崎吾郎訳

この本の情報

書名 生そのものの政治学 : 二十一世紀の生物医学,権力,主体性
著作者等 Rose, Nikolas S.
佐古 仁志
小倉 拓也
山崎 吾郎
檜垣 立哉
書名ヨミ セイ ソノモノ ノ セイジガク : ニジュウイッセイキ ノ セイブツ イガク ケンリョク シュタイセイ
書名別名 生そのものの政治学 : 二十一世紀の生物医学,権力,主体性

The politics of life itself : biomedicine, power, and subjectivity in the twenty-first century
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2019.11
ページ数 x, 496, 47p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-14053-2
NCID BB29441585
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想