水べの生物

赤松良夫 著 ; 後藤勝 絵

[目次]

  • もくじ
  • 一、 池や小川の植物 / 9
  • 1. 沼や湖の水ぎわなどの浅いところのどろ土にはえる「ヨシ」 / 13
  • 「ガマ」
  • 「フトイ」
  • 「イ」
  • 「ショウブ」
  • 2. 水田に植える「クワイ」 / 17
  • 3. 泥田にはえている「ハス」 / 18
  • 4. ハスによく似た「スイレン」 / 26
  • 「ジュンサイ」
  • 5. 水中に沈んでいる「ミズオオバコ」 / 29
  • 「エビモ」
  • 「ヒルムシロ」
  • 「セキショウモ」
  • 6. 金魚鉢に沈めてたのしむ「クロモ」 / 32
  • 「フサモ」
  • 「マツモ」
  • 7. 虫を捕らえて生活する「タヌキモ」 / 36
  • 「ムジナモ」
  • 「ミミカキグサ」
  • 8. 水の中で生育するシダの仲間「サンショウモ」 / 39
  • 「アカウキクサ」
  • 「デンジソウ」
  • 9. 田やみぞや沼などに一面にひろがっている「ウキクサ」 / 42
  • 10. 水中にはえている「ホテイアオイ」 / 45
  • 「ミズアオイ」
  • 「コナギ」
  • 11. 岸から遠くはなれて葉が水面に浮いている「ヒシ」 / 47
  • 12. 水べの植物の群落 / 49
  • 13. 植物プランクトンをしらべる / 51
  • 14. 水べの植物の群落のうつりゆき / 54
  • 二、 池や川の動物 / 56
  • 1. 水鳥のなかま / 60
  • 2. カメははちゅう類です / 64
  • 3. カエルなどの両生類 / 66
  • 4. 淡水魚 / 83
  • 5. エビ、カニ、ミジンコの仲間 / 93
  • 6. 貝のいろいろ / 101
  • 7. ヒル、ヒドラ、淡水カイメン / 105
  • 8. 原生動物 / 112
  • 三、 水生のこん虫 / 122
  • 1. 水の上と水の中 / 122
  • 2. 水面にすむ「アメンボ」 / 128
  • 「ミズスマシ」
  • 3. 幼虫時代を水の中にすむ「トンボ・カゲロウ」 / 133
  • 「カワゲラ」
  • 「トビケラ」
  • 「ヘビトンボ」
  • 「カ」
  • 「ホタル」
  • 4. 一生水の中にすむ「ゲンゴロウ」 / 143
  • 「ガムシ」
  • 「ミズカマキリ」
  • 「タイコウチ・タガメ」
  • 「コオイムシ」
  • 「ミズムシ」
  • 「マツモムシ」
  • 四、 私たちの水族館 / 152
  • 1. どんな入れ物がよいか / 154
  • 2. 水そうはどこへ置けばよろしいか / 159
  • 3. 水そうに入れる砂や土 / 160
  • 4. どんな水がよいか / 163
  • 5. 水そう内の配置と動物の入れ方 / 166
  • 6. 水の温度と水の色 / 170
  • 7. 餌のやりかた / 175
  • 五、 お友だちの研究 / 180
  • 1. メダカの卵がかえるまで / 180
  • 2. シジミの研究 / 185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 水べの生物
著作者等 後藤 勝
赤松 良夫
書名ヨミ ミズベ ノ セイブツ
書名別名 Mizube no seibutsu
シリーズ名 保育社の小学生全集 ; 85
出版元 保育社
刊行年月 昭和31
ページ数 188p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
45018631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想