日本のアヴァンギャルド芸術 : <マヴォ>とその時代

五十殿利治 著

イタリア未来派、ダダ、ロシア構成主義、バウハウスなど、西欧の最先端の芸術運動を間近に体験した日本の前衛たち。彼らはそこに何を見、いかにして独自の芸術形態を創造していったのか。鮮明な輝きを放つ若き芸術家たちの情熱と創造の秘密を、膨大な資料と緻密な分析から丹念に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "マヴォ"の時代-美術・舞台・演劇の革命(東郷青児の登場-日比谷美術館と青鞜社
  • 柳瀬正夢と"マヴォ"-「前衛」的ヴィジョンの生成
  • 村山知義の意識的構成主義-「すべての僕が沸騰するために」 ほか)
  • 2章 還流する美術運動(受け継がれる「バウハウス」体験-仲田定之助をめぐって ドイツ/日本
  • ゴンチャローヴァ、ラリオーノフと日本人-画家、コレクター、「劇友」 ロシア/日本
  • "タミの夢"とモダニズム-久米民十郎とエズラ・パウンド イギリス/日本 ほか)
  • 3章 モダニズムの時代へ(岡本太郎のアヴァンギャルド
  • 板垣鷹穂と昭和初年の美術批評
  • メカニズムの水脈)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のアヴァンギャルド芸術 : <マヴォ>とその時代
著作者等 五十殿 利治
書名ヨミ ニホン ノ アヴァンギャルド ゲイジュツ : マヴォ ト ソノ ジダイ
出版元 青土社
刊行年月 2001.8
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 4791759044
NCID BA53024576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20259533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想