戦後日本の技術形成 : 模倣か創造か

中岡哲郎 編著

産業を担う企業の技術は市場の要請にどのように応えて成長するか。東レ、ニコンとキヤノン、シャープ、三菱重工など国際競争力を支える技術形成を検証し、日本技術の到達点を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論:戦後産業技術の形成過程
  • 第2章 レーダーおよびマグネトロン開発過程を中心とした旧海軍技術
  • 第3章 PAN系炭素繊維の開発
  • 第4章 シャープにおける液晶ディスプレイ開発
  • 第5章 半導体露光装置ステッパーの開発
  • 第6章 三菱重工業におけるタービン製造技術の形成過程
  • 第7章 自動車用冷延薄鋼板の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の技術形成 : 模倣か創造か
著作者等 中岡 哲郎
書名ヨミ センゴ ニホン ノ ギジュツ ケイセイ : モホウ カ ソウゾウ カ
書名別名 Sengo nihon no gijutsu keisei
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2002.2
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4818813958
NCID BA55693726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20257019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想