宗教社会学のすすめ

井上順孝 著

宗教にあまり接したことがない人は、宗教の問題はそう複雑ではないと思うかもしれない。しかし、その歴史や実態について知れば知るほど、その奥行きは深く、また混沌としてくる。それは人間生活のほとんどあらゆる側面に関わりをもっているとさえ言えるのである。宗教と呼ばれる現象が生み出している、まさにカオス的状況に絶えずなんらかの秩序ないし説明可能な現象を読み取ろうとする「宗教社会学」-情報時代に求められる宗教への新しいアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代人にとっての宗教
  • 第1章 身の周りの宗教社会学
  • 第2章 宗教はどのように形成され、展開してきたか
  • 第3章 全体社会と宗教
  • 第4章 宗教組織はどう形成され、維持されるか
  • 第5章 現代社会と宗教問題
  • 第6章 宗教を調査する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教社会学のすすめ
著作者等 井上 順孝
書名ヨミ シュウキョウ シャカイガク ノ ススメ
書名別名 Shukyo shakaigaku no susume
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 2002.2
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 462105354X
NCID BA55588608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20250803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想