むかしの世界 : 人と生物

直良信夫 著

[目次]

  • もくじ
  • 地球のはじまり / 6
  • 地球は火のたまだった
  • 大地をたたく大雨
  • 生物のたんじょう
  • しおからかった湖
  • 季節のおこり
  • はげしい火山のふん火
  • 生物のふるさと / 23
  • さいしょの生物たち
  • 海は生物のふるさと
  • 海底にできた岩
  • 海の銀座通り
  • 古生代の生物
  • 中生代の世界
  • けだものの時代
  • 人間はどうなるか
  • はじめてあらわれた人間 / 53
  • 人間の進化とアフリカ
  • 人間になれなかったサル
  • はじめの人間
  • 火の発明
  • 大むかしのジャワ島
  • 大男の人間たち
  • 氷河時代の人びと / 75
  • 氷河とはどんなものか
  • 北京猿人とジャワ猿人
  • 地上をおおう大氷河
  • 春をとりもどした地球
  • 第二回の間氷期
  • ハイデルベルグ人
  • 第三回の氷河期
  • あらわれた人間の祖先
  • 人間生活のしんぽ / 98
  • 木の上の生活
  • 武器をもった人間
  • ほら穴の住い
  • 寒さとたたかう
  • 美しいものへのあこがれ
  • 後氷期のヨーロッパ
  • 農業のおこり
  • 金属器時代のあけぼの
  • 日本人の先祖 / 125
  • 大陸とつながっていた日本
  • 日本人の祖先
  • 文化のめばえ
  • じょう文式文化と北方文化
  • 発展する文化
  • 狩りょう時代のくらし / 141
  • おそろしいケンシコ
  • けだものとのたたかい
  • ゾウ狩の名人たち
  • 弓矢の発達
  • 犬を飼うならわし
  • 鳥を捕える人びと
  • 狩人のいのり
  • 土器をつかった人びと / 165
  • 土器の発明
  • 土器と人間の生活
  • 土器のつくりかた
  • 日本の土器
  • たいせつな土器の研究
  • うつくしい土器
  • 貝塚のはなし / 181
  • 大むかしのゴミすて場
  • 貝塚はいつ頃つくられたか
  • 貝塚のいろいろ
  • 貝塚にある貝
  • 食生活と貝塚
  • どんな方法で食べたか
  • 古墳とハニワ / 197
  • 死をいたむきもち
  • げんじゅうなとむらい
  • エジプトのピラミッド
  • 日本にある墓
  • 古墳の種類
  • りっぱなハニワ
  • 参考ふろく / 225
  • (1) 人類の発生とひろがり
  • (2) 地球と生物のれきし表
  • (3) 化石のとりかたと注意
  • 考えましょう / 232
  • さくいん / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 むかしの世界 : 人と生物
著作者等 直良 信夫
書名ヨミ ムカシ ノ セカイ
書名別名 Mukashi no sekai
シリーズ名 絵とき百科 ; 25
出版元 偕成社
刊行年月 昭和32
ページ数 233p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45014838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想