表象の植民地帝国 : 近代フランスと人文諸科学

竹沢尚一郎 著

19世紀初頭から20世紀なかばにかけて、西欧諸国がアフリカに向けた視線はどのように変わったか。植民地拡張と並行して発展した人文諸科学(民族学・歴史学・社会学)は、同時代の支配的観念とどう関わっていたか。「他者」表象の変化を軸に、西欧とはなにか、近代とはなにかを問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 探検家たちの時代-植民地拡張の前史(一七九五‐一八五〇年)(西アフリカの探検家たち
  • 植民地拡張前夜のフランスと西アフリカ ほか)
  • 第2章 植民地支配の拡大と帝国のプロパガンダ(一八五〇‐一九〇〇年)(フランスの植民地政策と西アフリカ支配の進展
  • 共和派の台頭と「文明化の使命」 ほか)
  • 第3章 植民地の活用と消費革命、そして社会科学の発展(一九〇〇‐一九二五年)(二十世紀初頭の植民地状況と「他者」への視線の変容
  • 西アフリカにおける植民地経営の進展 ほか)
  • 第4章 植民地との一体化とフランス民族学の自己成型(一九二五‐一九四八年)(植民地との一体化の進行
  • 第二次世界大戦の終結と「フランス連合」の植民地政策 ほか)
  • 結論 植民地主義と人類学再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 表象の植民地帝国 : 近代フランスと人文諸科学
著作者等 竹沢 尚一郎
書名ヨミ ヒョウショウ ノ ショクミンチ テイコク : キンダイ フランス ト ジンブン ショカガク
書名別名 Hyosho no shokuminchi teikoku
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.12
ページ数 339p
大きさ 22cm
ISBN 4790709086
NCID BA54758779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20242564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想