南極 : 歴史と将来

谷口善也, 木村義昌 著

[目次]

  • もくじ
  • 一、 なぜ南極をさぐるか / 6
  • 二、 南極地方とは / 9
  • 南極圏 / 9
  • 南大洋 / 13
  • 南氷洋 / 17
  • 範囲 / 17
  • 深さ / 20
  • 海流 / 21
  • 南氷洋の氷 / 23
  • 南極大陸 / 29
  • 位置 / 29
  • 広さ / 33
  • 高さ / 34
  • 陸氷 / 36
  • 三、 南極の探検史 / 41
  • 古代の知識 / 41
  • 南氷洋の開拓者 / 44
  • アザラシ猟者の発見 / 52
  • アメリカのアザラシ猟者 / 53
  • イギリスのアザラシ猟者 / 55
  • 海軍派遣の探検隊 / 60
  • ロシアのベリングスハウセン / 60
  • フランスのドルビル / 63
  • アメリカのウイルクス / 65
  • イギリスのロッス / 67
  • ロッスから後の五十年間 / 70
  • 十九世紀最後の探検 / 73
  • 二十世紀の探検 / 76
  • 四、 南極の地理 / 96
  • オーストラリア地区 / 96
  • アフリカ地区 / 99
  • アメリカ地区 / 100
  • 太平洋地区 / 104
  • 五、 南極の気象 / 107
  • 気温 / 107
  • おそろしいブリザード / 109
  • 気圧・風 / 111
  • 降雪 / 115
  • 亜南極の気象 / 117
  • オーロラ・夜光・地影 / 118
  • 六、 南極の植物と動物 / 124
  • 植物 / 124
  • 動物 / 131
  • アザラシ / 131
  • クジラ / 136
  • ペンギン / 142
  • ペンギン以外の鳥 / 146
  • 虫類 / 150
  • 七、 南極の領土権 / 154
  • イギリス / 154
  • フランス / 158
  • オーストラリア / 158
  • ノルウェー / 159
  • アルゼンチン / 159
  • チリ / 162
  • アメリカ / 165
  • ドイツ / 166
  • ソヴエト / 166
  • 日本 / 166
  • 八、 南極の捕鯨 / 167
  • 捕鯨船の進出 / 167
  • クジラとその利用 / 175
  • 国際捕鯨条約 / 177
  • 南極捕鯨と日本 / 179
  • 九、 南極の踏査 / 184
  • 十、 南極の将来 / 194
  • 資源・経済・軍事・永久基地 / 194
  • 極地の調查と研究 / 200
  • あとがき / 210
  • 南極探検年表 / 212
  • さくいん / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 南極 : 歴史と将来
著作者等 木村 義昌
谷口 善也
書名ヨミ ナンキョク
シリーズ名 ぼくたちの研究室
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 昭和31
ページ数 215p 図版
大きさ 22cm
NCID BA44481930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45014751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想