自然学の未来

黒田末壽 著

アフリカの熱帯雨林で、ピグミーチンパンジーと寝食を共にしながら、人間と動物とのあいだに生まれる共通感覚、差異とは何かを考える。今行われている自然破壊、野生動物乱獲の実態を報告し、その問題点と解決への道を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 自然学への招待
  • 第1章 体で感覚する自然
  • 第2章 生態的参与観察
  • 第3章 共感の自然学
  • 第4章 類人猿の森と人々
  • 第5章 日常の自然学へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然学の未来
著作者等 黒田 末寿
書名ヨミ シゼンガク ノ ミライ : シゼン エノ キョウカン
書名別名 自然への共感

Shizengaku no mirai
シリーズ名 シリーズ「現代の地殻変動」を読む / 高谷好一 ほか編 5
出版元 弘文堂
刊行年月 2002.1
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4335501609
NCID BA55380301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20238557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想