大量殺戮兵器を持った狂信者たち

ウォルター・ラカー 著 ; 帆足真理子 訳

誰もが核・化学・生物兵器を持てるいま、飛躍的に増大したテロリズムの脅威をテロ研究の第一人者が詳細に分析し、国防・情報関係者からも絶賛を浴びた話題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • テロリズムと歴史
  • 大量破壊兵器
  • テロリストの動機-マルクス、ムハンマド、ハルマゲドン
  • 宗教とテロリズム
  • 国家のテロリズム
  • エキゾチック・テロリズム
  • テロリズムと組織犯罪
  • テロリズムの今日と明日
  • 未来のテロリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大量殺戮兵器を持った狂信者たち
著作者等 Laqueur, Walter
帆足 真理子
Laquer Walter
ラカー ウォルター
書名ヨミ タイリョウ サツリク ヘイキ オ モッタ キョウシンシャタチ : ニュー テロリズム ノ ショウゲキ
書名別名 The new terrorism

ニューテロリズムの衝撃

Tairyo satsuriku heiki o motta kyoshinshatachi
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2002.2
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4022577118
NCID BA55977938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20238292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想