侵略の世界史 : この500年、白人は世界で何をしてきたか

清水馨八郎 著

同時多発テロは、"侵略の世界史"の終わりの始まり-明治以来、日本は欧米を文明先進国と崇め、非白人を歴史の表舞台に登場させることはなかった。そのため西欧の繁栄を支えた植民地支配の暗黒面を見落としてきた。本書は、白人の残虐性と侵略性の根源は何かを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 米国同時多発テロの背景と日本の対応-白人による「侵略の世界史」の終わりの始まり
  • 第1章 逆転発想の世界史-近世五〇〇年を、全地球レベルで読み直す
  • 第2章 なぜ、白人は侵略的なのか-その歴史、宗教、風土から、原因をさぐる
  • 第3章 スペイン・ポルトガルの世界征服-"新大陸"の先住民の運命と、二ヵ国による世界二分割構想
  • 第4章 英仏蘭による植民地支配-インド、東南アジア、南太平洋の収奪とアフリカ大陸の悲劇
  • 第5章 アメリカ、ロシアの野心と領土拡張-東から西から、いよいよ極東に迫り来る侵略の魔手
  • 第6章 白人侵略の終着点・日本の対応-なぜ非白人国で唯一、侵略を免れたのか
  • 第7章 立ち向かった唯一の有色人種-日本の戦争は、世界史の中でどう位置づけられるか
  • 第8章 日本が真の独立国家となるために-なぜ、占領政策で刷り込まれた自責史観に固執するのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 侵略の世界史 : この500年、白人は世界で何をしてきたか
著作者等 清水 馨八郎
書名ヨミ シンリャク ノ セカイシ : コノ 500ネン ハクジン ワ セカイ デ ナニ オ シテキタカ
シリーズ名 祥伝社黄金文庫
出版元 祥伝社
刊行年月 2001.11
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 4396312806
NCID BA57061585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想