思想課題としてのアジア : 基軸・連鎖・投企

山室信一 著

「アジアという空間」をめぐる壮大な思想史。近代日本は「アジア」をいかに認識し、いかに交わり、いかに構築しようとしたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アジアへの思想史的問いかけとその視角
  • 第1部 アジア認識の基軸(境域を画する言説
  • 思想基軸としての文明
  • 思想基軸としての人種 ほか)
  • 第2部 アジアにおける思想連鎖(国民国家形成と思想連鎖
  • 西学と東アジア世界
  • 西学による思想連鎖 ほか)
  • 第3部 投企としてのアジア主義(隠された政策原理
  • 外交論策としてのアジア主義言説
  • 二つの国家体系とアジア間外交 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想課題としてのアジア : 基軸・連鎖・投企
著作者等 山室 信一
書名ヨミ シソウ カダイ ト シテノ アジア : キジク レンサ トウキ
書名別名 Shiso kadai to shiteno ajia
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.12
ページ数 798, 34p
大きさ 22cm
ISBN 4000233491
NCID BA54813899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想