言語の現象学

メルロ・ポンティ [著] ; 木田元, 滝浦静雄, 竹内芳郎 共訳

ソシュール言語学の重要性を逸早く見いだしていた現象学者による言語論集。1951年、ブリュッセルで開かれた第1回国際現象学会議での報告「言語の現象学について」、言語を地にして絵画を、絵画を地にして言語を考察する試み「間接的言語」(遺稿)のほか、「純粋言語の幻想」「アルゴリズムと言語の秘義」「表現の科学と表現の経験」「哲学者と社会学」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言語の現象学について
  • 純粋言語の幻想
  • 間接的言語
  • アルゴリズムと言語の秘義
  • 表現の科学と表現の経験
  • 哲学者と社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語の現象学
著作者等 Merleau-Ponty, Maurice
木田 元
滝浦 静雄
竹内 芳郎
Merleau‐Ponty Maurice
メルロ=ポンティ
書名ヨミ ゲンゴ ノ ゲンショウガク
書名別名 Gengo no genshogaku
シリーズ名 メルロ=ポンティ・コレクション / メルロ・ポンティ 著 ; 木田元 編 5
出版元 みすず書房
刊行年月 2002.1
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4622030950
NCID BA55149958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想