天台仏教と平安朝文人

後藤昭雄 著

平安時代には仮名文学より価値のあるものとされ、仏教との関わりも深かった漢文学、漢詩文の作者でもあった最澄・良源ら天台僧たちと文人との交流を鮮やかに描き出す。興趣あふれる平安朝漢文学の世界へ誘う入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 漢詩文と仏教-プロローグ
  • 最澄
  • 円珍
  • 良源
  • 橘在列=尊敬-出家した文人(一)
  • 慶滋保胤=寂心-出家した文人(二)
  • 性空
  • 勧学会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天台仏教と平安朝文人
著作者等 後藤 昭雄
書名ヨミ テンダイ ブッキョウ ト ヘイアンチョウ ブンジン
書名別名 Tendai bukkyo to heiancho bunjin
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 133
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.1
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 4642055339
NCID BA54867366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20231786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想