中世音楽史論叢

福島和夫 編

本書は、一二、三世紀中心の音楽史学の書である。礼楽思想、制度史、音楽家、楽書、声明等にかかわる、多岐にわたる研究論文を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 中世における管絃歌舞
  • 「菊亭本文机談」構成推考-附、新出菊亭本文机談断簡(南園文庫蔵)紹介
  • 琵琶における西園寺実兼
  • 『管絃音義』における『白虎通義』の影響-『管絃音義』の引用について
  • 日本の楽書と礼楽思想
  • 中世東大寺の楽人・舞人
  • 宣雅博士本『法則集』について
  • 藤原孝道草『式法則用意条々』における講式の音楽構成法
  • 「梁塵秘抄断簡」の書写様式-「元永本古今和歌集」との対比
  • 『異本梁塵秘抄口伝集』成立再考
  • 多氏における、舞の家としての形成と秘曲の成立
  • 藤原季通考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世音楽史論叢
著作者等 Nelson, Steven G.
古谷 稔
岩佐 美代子
新井 弘順
永村 真
相馬 万里子
磯 水絵
福島 和夫
笠原 潔
青木 洋志
飯島 一彦
書名ヨミ チュウセイ オンガクシ ロンソウ
書名別名 Chusei ongakushi ronso
シリーズ名 日本史研究叢刊 13
出版元 和泉書院
刊行年月 2001.11
ページ数 425p
大きさ 22cm
ISBN 475760128X
NCID BA54517433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想