物質と記憶

松浦寿輝 著

「文学とは結局は"物質"であり"記憶"であって、それ以外の何ものでもない」-言葉がもっともなまなましく生きられる場所を描きだす、十余年にわたる日本文学論集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 吉田健一を読む(時間を物質化する人
  • 視線と記念碑 ほか)
  • 2 小説の死(髭とフロックコート-内田百〓
  • 荷風と「世紀末」-永井荷風 ほか)
  • 3 敗亡の彼方へ(一であることの抒情-寺山修司
  • 子供、石、ゆめ-藤井貞和 ほか)
  • 4 Once upon a time…(好意について
  • おばけの馬について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物質と記憶
著作者等 松浦 寿輝
書名ヨミ ブッシツ ト キオク
書名別名 Busshitsu to kioku
出版元 思潮社
刊行年月 2001.12
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 4783716048
NCID BA55137890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想