テロリズムの彼方へ、我らを導くものは何か

竹下節子 著

「9月11日」後の世界を読み解く。"アメリカ、ヨーロッパ、イスラム諸国の生の反応""テロリストもカルト、アメリカもカルト"など日本には伝えられていないテロの背景が手に取るように分かる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 同時多発テロの起こした波紋(オクシデント(西洋)の反応
  • フランス人の言いたい放題 ほか)
  • 第2部 テロリズムをめぐって(人はどうしてテロリストになるのか
  • 誰がアルカイダの戦士となるのか? ほか)
  • 第3部 人はどこまで赦せるか(歴史における「パルドン」の知恵
  • 被害者はどうやって加害者を赦したか、被害者以外が加害者を赦せるのか ほか)
  • エピローグ 人は赤の他人の不幸にどこまで責任があるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テロリズムの彼方へ、我らを導くものは何か
著作者等 竹下 節子
書名ヨミ テロリズム ノ カナタ エ ワレラ オ ミチビク モノ ワ ナニ カ
書名別名 Terorizumu no kanata e warera o michibiku mono wa nani ka
出版元 文春ネスコ
文芸春秋
刊行年月 2001.12
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4890361448
NCID BA55435844
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想