沖縄戦と民衆

林博史 著

ひめゆり学徒、皇民化教育、「集団自決」…はげしい地上戦のなかで沖縄の老若男女が選んだ道をはたしてこうしたイメージだけで描きつくせるのか。膨大な事実の蓄積をふまえて、沖縄戦の民衆像をリアルに、そして全面的にとらえようとする調査研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄戦への道(第三二軍の編成と飛行場建設
  • 戦争準備下の日本軍
  • 緊迫化する軍民関係
  • 根こそぎの戦場動員)
  • 2 戦場のなかの民衆(「集団自決」の構造
  • 生き残ろうとする人々
  • 「玉砕」を拒否した防衛隊
  • 学徒と教師たち)
  • 3 沖縄戦のなかの日本軍(軍紀の崩壊と日本軍の構造変化
  • 米軍から見た日本軍と住民)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄戦と民衆
著作者等 林 博史
書名ヨミ オキナワセン ト ミンシュウ
出版元 大月書店
刊行年月 2001.12
ページ数 375, 30p
大きさ 20cm
ISBN 4272520679
NCID BA54805405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想