経営分析のはなし

芳野国雄, 森田松太郎 共著

[目次]

  • 目次
  • 1.はじめに / p3
  • (1)計数管理しなぜ必要か? / p3
  • (2)計数はなにからとったらよいか? / p6
  • (3)計数はどう使ったらよいか? / p8
  • (4)資本について / p9
  • (5)決算書の種類 / p12
  • (6)算産・負債・資本の内容について / p16
  • (7)損益計算書 / p20
  • (8)製造原価報告書 / p22
  • 2.会社は利益をあげているか(収益性の分析) / p24
  • (1)総資本利益率 / p25
  • (2)払込資本利益率(資本金利益率) / p33
  • 3.社会の体質はどうか(安全性の分析) / p35
  • (1)正味運資金 / p36
  • (2)流動比率 / p37
  • (3)自己資金構成比率 / p39
  • (4)固定比率 / p40
  • (5)安全性の総合的判断(ウォールの考え方) / p42
  • 4.そのほかの経営比率 / p44
  • (1)総資本利益率 / p53
  • (2)自己資本利益率 / p55
  • (3)安全性の比率 / p55
  • (4)期間比較 / p56
  • 7.実数による利益増減のつかみ方 / p58
  • (1)資借対照表の増減比較 / p58
  • (2)損益計算書の増減比較 / p61
  • 8.採算目標のとらえ方 / p78
  • (1)損益分岐点について / p78
  • (2)図表による損益分岐点の求め方 / p82
  • (3)数式により損益分岐点を算出する方法 / p84
  • (4)変動費・固定費を分類する方法 / p87
  • (5)損益分岐点の利用法 / p88
  • 9.原価の分析 / p101
  • (1)原価分析について / p101
  • (2)原価の構成要素 / p102
  • (3)原価計算の方法 / p103
  • (4)実際原価の分析 / p104
  • (5)仕損費の分析 / p106
  • (6)原価要素の構成比較 / p107
  • (7)実際原価の標準あるいは予定原価との比較 / p108
  • 10.原価引下げの考え方 / p114
  • (1)VAの考え方 / p114
  • 11.設備投資の考え方 / p117
  • (1)設備投資の管理 / p117
  • (2)設備投資の分類 / p118
  • (3)設備投資を検討する方法 / p120
  • (4)設備投資の前提条件 / p121
  • (5)存益分岐点から判断する場合 / p122
  • (6)削減できる人数から判断する場合 / p123
  • (7)生産揚から判断する場合 / p124
  • (8)付加価値から判断する場合 / p125
  • (9)労働生産性から判断する場合 / p127
  • (11)設備投資実施の傾向 / p131
  • (12)設備投資と金融 / p133
  • 12.経営分析の生かし方 / p137
  • (1)倒産原因を分析する(その1) / p137
  • (2)倒産原因を分析する(その2) / p145
  • (3)中小企業経営改善の方向 / p147
  • (4)発展する社会の条件 / p149
  • 13.ケース・スタディ / p168
  • (1)取引先の安全性分析の実例 / p168
  • (2)目標利益設定のための実例 / p177

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経営分析のはなし
著作者等 森田 松太郎
芳野 国雄
書名ヨミ ケイエイ ブンセキ ノ ハナシ
書名別名 Keiei bunseki no hanashi
出版元 同文館
刊行年月 1968
ページ数 185p
大きさ 19cm
NCID BN04871272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想