保険経済学

酒井正三郎 著

[目次]

  • 緖論
  • 第一 生活安定化の二大形態としての宗敎と經濟
  • 第二 物質的生活安定化の歷史的諸形態
  • 第三 貨幣經濟制度の下における危險處理の二大形態としての企業と保險
  • 第四 貨幣經濟制度の下における安定化の二大形態としての貯蓄と保險並びにその對隅としての個人企業と株式會社
  • 第五 保險と株式會社の歷史的同時性と機構の同形性
  • 第六 個人主義的原理の止揚としての組合と國家
  • 結論

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 保険経済学
著作者等 酒井 正三郎
書名ヨミ ホケン ケイザイガク
書名別名 Hoken keizaigaku
出版元 平野書店
刊行年月 昭14
ページ数 87p
大きさ 22cm
NCID BN08409501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46073649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想