開発のミクロ経済学

プラナブ・バーダン, クリストファー・ウドリー 著 ; 福井清一, 不破信彦, 松下敬一郎 訳

開発経済学では、市場メカニズムが十分に機能しない現状を直視し、ミクロ経済学的な分析に重点が移っている。本書は、複雑な実世界とある程度共鳴するような開発途上国の問題を取り上げ、開発経済学の伝統と最近の経済理論の進歩に即しながら、その主な最先端の理論的論争点を説明するとともに、モデルを使ってより精密な分析方法を例証している。開発経済学を専門分野にし、その最先端の潮流に関心のある学生のためのテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 家計の経済学
  • 人口
  • 分断された市場-労働
  • 人口移動
  • 農村土地市場
  • 分断された信用市場
  • リスクと保険
  • 市場取引の連結と農村開発
  • 人的資本と所得分配
  • 貧困緩和-効率性と公正性を巡る論点
  • 技術進歩と学習
  • 環境と開発
  • 貿易と開発
  • 二重経済
  • セクター間の相互補完性と調整の失敗
  • 制度の経済学と経済発展における政府

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発のミクロ経済学
著作者等 Bardhan, Pranab K
Bardhan, Pranab K.
Udry, Christopher
不破 信彦
松下 敬一郎
福井 清一
Bardhan Pranab
ウドリー クリストファー
バーダン プラナブ
書名ヨミ カイハツ ノ ミクロ ケイザイガク
書名別名 Development microeconomics
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2001.12
ページ数 362p
大きさ 21cm
ISBN 4492442820
NCID BA54750879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想