アラビアン・ナイト  第3

前嶋信次 訳

[目次]

  • 目次
  • ヌールッ・ディーン・アリーとアニースッ・ジャリースの物語 / 3
  • 第三十五夜 / 14
  • 第三十六夜 / 40
  • 第三十七夜 / 51
  • 第三十八夜 / 73
  • 狂恋の奴隷ガーニム・イブン・アイユーブの物語(または商人アイユーブとその息子ガーニムおよびその娘フィトナの物語) / 89
  • 第三十九夜 / 89
  • 黒奴ブハイトの因果話 / 96
  • 黒奴カーフールの因果話 / 98
  • 第四十夜 / 101
  • 第四十一夜 / 113
  • 第四十二夜 / 128
  • 第四十三夜 / 136
  • 第四十四夜 / 142
  • 第四十五夜 / 146
  • オマル・ブヌ・アン・ヌウマーン王とそのふたりの御子シャルカーンとダウール・マカーン、そしてこの人たちに起こった驚異・珍奇な物語 / 149
  • 第四十六夜 / 157
  • シャルカーンと大臣ダンダーンがオマル・ブヌ・アン・ヌウマーン王の命を受け、コンスタンティノープルの皇帝アフリードゥーンを助けるためアルメニア王との戦に出発する話 / 159
  • 第四十七夜 / 165
  • シャルカーンとハルドゥーブ王の娘アブリーザ姫との話 / 167
  • 第四十八夜 / 179
  • 第四十九夜 / 185
  • 第五十夜 / 198
  • 第五十一夜 / 218
  • アブリーザ姫とオマル・ブヌ・アン・ヌウマーン王の話 / 226
  • アブリーザ姫とガドバーンという黒人奴隷、およびその者が姫を殺害する話 / 232
  • 第五十二夜 / 234
  • ハルドゥーブ王が母のダートッ・ダワーヒー老夫人と商議する話 / 238
  • 第五十三夜 / 240
  • シャルカーンが父王のもとを去り、ダマスクスに滞在する話 / 241
  • ダウール・マカーンが妹ヌズハトッ・ザマーンとともに父に内緒で聖地巡礼に出る話 / 243
  • ダウール・マカーンとヌズハトッ・ザマーンが聖地巡礼より戻り、エルサレムにて互いに別れる話 / 245
  • ダウール・マカーンと浴場の火夫との話 / 249
  • 第五十四夜 / 250
  • 第五十五夜 / 257
  • ヌズハトッ・ザマーンとハンマードという牧人の話 / 260
  • 第五十六夜 / 267
  • 第五十七夜 / 273
  • 第五十八夜 / 278
  • あとがき / 279
  • 系図 / 295
  • オマル・ブヌ・アン・ヌウマーン王の物語付図 / 298
  • 索引(解説付) / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アラビアン・ナイト
著作者等 前嶋 信次
書名ヨミ アラビアン ナイト
シリーズ名 東洋文庫
巻冊次 第3
出版元 平凡社
刊行年月 1967
ページ数 294p
大きさ 18cm
全国書誌番号
67007311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想