楽しみの社会学

M.チクセントミハイ 著 ; 今村浩明 訳

スポーツや遊びはなぜ楽しいか。その本質を「フロー体験」で解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 楽しさと内発的動機づけ
  • 自己目的的活動の報酬
  • 自己目的的活動の構造
  • 楽しさの理論モデル
  • ゲームの楽しさ-チェス
  • ロック・クライミングにおける深い遊びとフロー経験
  • ロック・ダンスにおけるフロー経験の測定
  • 仕事の楽しさ-手術
  • 日常生活におけるフローの型
  • フロー剥奪の効果
  • 楽しさの政治学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楽しみの社会学
著作者等 Csikszentmihalyi, Mihaly
今村 浩明
チクセントミハイ M.
書名ヨミ タノシミ ノ シャカイガク
書名別名 楽しむということ

Beyond boredom and anxiety

Tanoshimi no shakaigaku
出版元 新思索社
刊行年月 2000.12
版表示 改題新装版
ページ数 307, 19p
大きさ 20cm
ISBN 4783511853
NCID BA50291237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想