芸術の逆説 : 近代美学の成立

小田部胤久 著

今日呼ばれている「芸術」とは一体何か-。「芸術」という概念は、「芸術家」「作品」「独創性」などの諸概念とともに近代ヨーロッパに誕生した。これは「美学」という近代的学問の成立とも連関している。本書は、バークやカントらのさまざまな理論をたどりながら、この芸術観の根底にある逆説-自然と人為、伝統と革新などの価値が交叉するという逆説-をさぐり、私たちがいまだその内部にとどまっている「近代的」芸術観の意義を明らかにする。美やアートに対する理解そのものに変容を迫る芸術の概念史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 芸術の誕生
  • 第1章 創造
  • 第2章 独創性
  • 第3章 芸術家
  • 第4章 芸術作品
  • 第5章 形式
  • エピローグ 芸術の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術の逆説 : 近代美学の成立
著作者等 小田部 胤久
書名ヨミ ゲイジュツ ノ ギャクセツ : キンダイ ビガク ノ セイリツ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.11
ページ数 282, 22p
大きさ 22cm
ISBN 413080202X
NCID BA5440624X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20235590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想